金返せ?拒否します!

闇金融からした借金って返済しなくても大丈夫って知っていました?

借金は借りたら返済義務があるわけです、通常は。
それは完済するまで。完済するまで債権者はあらゆる方法で返済を迫ることができます。

しかし、闇金借金はそれをしなくてもいいのですね。

なぜヤミ金借金は返済不要なのか

なぜならば、法律の根拠があるわけです。

日本の民法の第90条に「公序良俗違反」という規定と、
同じく民法第708条に「不法原因給付」という規定が置かれています。

「公序良俗違反」て?

「公序良俗違反」規定とは、

公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

意味は何となくお分かりになると思いますが、
客観的に見て「それはまずいんじゃない?」
という法律行為は無効という法律。

法律行為とは、典型例が契約です。
闇金融から借金て、利用者が債務者、闇金融が債権者とした契約ですよね?

そして、その契約内容が法律違反(利息制限法違反、出資法違反)ということです。
法律違反の契約だから公序良俗に反する行為、だから無効としているのです、
民法90条は。

不法原因給付

もう一つの法律「不法原因給付」ですが、
まず、この字面に注目してください。

「不法な原因での給付」、読んで字の如くです。
「不法な原因で得た利益」とでも読みましょうか。

これ、「ヤミ金から借りた借金」と読めますよね?
これを踏まえて708条を見てみましょう。

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

この規定を読んで、90条と708条を合わせると、ヤミ金から借りた金は
返済しなくていいという意味がお分かりなのではないかと思います。

だって、貸した闇金融が「無効なんだから返せよ」
という請求ができないのですから。

もちろん、返済するしないは借りた側の自由とは言えますが、
返さなくてもいいんだよということであれば、返さないでしょ。

ましてや、相手は犯罪者なんだし。かかわらない方が良い。

大事なのでもう一回言います。
闇金融から借りたお金は返済する必要がありません!

公序良俗違反の事例

ちょっと余談かもしれませんが、公序良俗違反に該当するのは、
なにも闇金融の件だけではありません。

別にヤミ金のために存在する法律ではありませんからね。

まず、麻雀での賭博行為の場合の金銭の取引は犯罪行為ですから、
それは返済無用です。気を付けましょうね(;^_^A

金賭け麻雀はアウト

次、妾(めかけ)契約、つまり、愛人契約ですね。
愛人契約料として女子大生に支払った100万円、これは、90条違反として
無効になりますが、支払った金持ちのオヤジは100万円返せとは言えません。

裏口入学で親が学校に支払った1000万円、無効ではあるのですが、子供が
その学校に入学できなくても、その親は法的に返還請求が認められません。

このように、ヤミ金から借りた貸金契約はそもそも無効なので、法外な
利息を支払う必要はなし、さらに、借金も返還する必要はなしというと
いうことになるのです。

もちろん、「悪用」はいけません。それが、708条の「ただし」の後に続くことです。
それはそれで話は変わってくるので注意してください。